*[[改造Tips>tips-top]] [#f8313908]
#contents

**Dan★Oniソース概要 [#oe66801e]

-環境
--ParaFla Ver1.37~
--ParaFla!ソース / Cross Walker (ver fd 3.12.9)~

他のソースでは多少違いがある場合がある。~
変数名の違いはあっても、ver fd 3.0.0以降は基本的に同じ。~

***矢印・フリーズアローの生成ルール [#t8f61bc1]
***矢印・フリーズアローの生成ルール [makeArrow] [#t8f61bc1]

-名前の決め方~
#ref(arrowName.png,around)
#clear
--赤色 (矢印かフリーズアローか)~
"f"という文字があればフリーズアロー、なければ矢印。~
~
--青色 (どの矢印か)~
これは基本的に以下のようになっている。~
「le」⇒左、「led」⇒左矢印、「do」⇒下、「oni」⇒おにぎり、~
「up」⇒上、「rid」⇒右矢印、「ri」⇒右、~
「le2」⇒左(2)、「do2」⇒下(2)、「up2」⇒上(2)、「ri2」⇒右(2)、~
「gor」⇒ギコ、「iyo」⇒いよう~
~
--黄色 (その矢印の中で何番目か)~
スタートから何番目の矢印かということ。~
矢印の被り回避の際に、どの矢印かを特定するのに用いる。~
~
-必要な項目
-必要な項目(参考)
|Arrow|Frz|名称|内容|
|◆|◆|setflg|判定が行われたかどうかのフラグ。初めはfalse。|
|◆|◆|cnt|ステップゾーンに到達するまでのフレーム数。&br;1x, 400pxなら200frame。|
|◆|◆|bstcnt|Sp.Motionで使用するフレーム数。&br;上のcntからストップする間のフレーム数を引いたもの。|
|◆|◆|_alpha|矢印の透明度。Appearanceで用いる。|
|◆|◆|moveY|ステップゾーンまでの距離。&br;400pxなら基本400になるが誤差もある。|
|◆|◆|spd|矢印個別にかかる倍速。譜面データで言うところのboost_data。&br;初期倍速や途中変速で使われるような一斉倍速ではない。|
|◆|◆|_y|矢印の初期出現位置。&br;Reverse, Halfwayなどにより場所が変わる。|
|◆|◆|onEnterFrame|矢印・フリーズアローを動作させる関数を入れておく。|
||◆|fLength|フリーズアローの長さ|
~
フリーズアローについては別途内部で長さ・色に関する設定が必要。~
始点・終点と帯の3箇所に分かれている。~
#ref(frzArrow.png,around)
#clear

***矢印・フリーズアローの動作ルール(共通) [#t8d3c77f]
***矢印・フリーズアローの動作ルール(共通) [movArrow] [#t8d3c77f]

1フレームで矢印が動く距離は以下の通り。
-(初期倍速)×(途中変速)×(個別加速)+Sp.Motion差分
--初期倍速~
オプション画面で選択するスピード。~
~
--途中変速~
プレイの途中で変速するもののうち、全体で変化する倍速。~
~
--個別加速~
プレイの途中で変速するもののうち、矢印個別で変化する倍速。~
~
--Sp.Motion差分~
オプション画面でBoost/Brakeを選択した際に加速されるスピード。~
~
-フレーム毎に行われる処理の流れ~
~
++矢印が動く距離を上の計算式で計算し、矢印を移動させる。~
~
++AppearanceがHidden/Sudden/Replaceのとき、~
矢印・フリーズアローが画面の中央に来たら透明度を変化させる。~
~
++判定内に対応するキーが押されたら判定を行う(後述)。~
なお、Autoフラグが1になっている矢印はcntが0になった時点で自動判定する。~
~
++判定枠から外れた場合 / setflg(判定済みフラグ)がfalseのとき~
---矢印~
ウワァンを出して判定対象の矢印を次の矢印に変える。~
ウワァンの出た矢印はその場で消去する。~
---フリーズアロー~
イクナイを出して判定対象のフリーズアローを次のフリーズアローに変える。~
フリーズアローは消去せず色を変えておく。~

***フリーズアローの動作ルール(その他) [#pe80d258]

+通常時 ⇒ 上の手順と同じ。~
~
+ヒット時(押しっぱなし中)~
~
++代替キーの設定~
フリーズアローと結びつけるキーを設定する。~
~
++フリーズアローの色を変える。~
~
++フリーズアローのバーを縮めて対の矢印を移動させる。~
フリーズアローバーの長さは"y1"で管理している。~
~
++途中でキーを離した場合は失敗~
~
++押し切った場合(y1が0未満)のときは成功~
~
+失敗時~
~
++フリーズアローの色を変える。~
~
++対象となるフリーズアローが特定の位置へ移動するまで~
指定されたスピードで移動させる。~
~
++フリーズアローを消去する。~


***判定に関するルール(枠外を除く) [#g81c0822]
***判定に関するルール(枠外を除く) [judgeArrow] [#g81c0822]

#ref(judgeRule.png,around)

+押したキーと、対応する矢印・フリーズアローとの対応付けを行う。~
~
+現在判定する矢印・フリーズアローをチェックする。~
現在の矢印・フリーズアローは上の名前の決め方から特定する。~
~
+現在の矢印が範囲内にあるかチェック~
cntの値を調べてチェックする。対象内であれば判定も行う。~
~
+現在のフリーズアローが範囲内にあるかチェック~
矢印が判定内にない場合は、フリーズアローをチェックする。~
ここも同じくcntの値をチェック。判定は失敗時のみ行う。~
~
+空押しだった場合~
矢印・フリーズアローともに判定内でない場合は、空押しになる。~
(ステップゾーンを光らせる)~
BarDrainがEscape+の場合は、プギャー判定を行う~
(ただし、最初200フレームくらいは判定を行わない)。~
~
#clear
~


ホーム   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS